社長ブログ

新井先生のTEDを見て

 NetCommonsの開発者で、今では「ロボットは東大に入れるか」プロジェクト(略して東ロボプロジェクト)のリーダーとして著名な新井紀子先生が、今年4月のTED2017 | The Future Youでスピーカーとなりました。

カナダのバンクーバーで開催されているTEDカンファレンスという本家本元でスピーチをした日本人としては、おそらく3人目だろうと思います。これで世界的に著名になった、ということですかね。

今回、人工知能のスペシャリストとして招聘されたとのこと。本当にスゴイことです。

 新井先生がTEDで世界に向けて語った「危惧」とは・・・。

 9月に入ってようやく新井先生のTEDが閲覧できるようになりました(まだ英語ですが)。
また、海外の記者さんが書いた感想の記事も発見。

 

AIで東大目指した「東ロボくん」開発者がTEDで語った危機感

 

新井先生は常日頃、「AIは、理解することができない。考えることができない。」とおっしゃってまして、

その言葉の意味について、今ひとつピンと来ていなかった私ですが、最近、ようやく腑に落ちてきたなと思う瞬間があります。

私なりの言葉で解説するなら、

AIやプログラミングは、あらかじめ指示されたアルゴリズム(=プログラムされた)通りに、

大量のデータを組合せて成果を超高速で出すことができます。

しかし、アナログなツールや人間は、

一歩一歩、AIに比べれば、大変な手間と時間をかけてそれを処理していく方法しかありません。

「処理」だけを比べれば、AIが圧倒的に勝ちますが、

「処理」だけでは世の中できていません。

「なぜ」それをやるのか、相手によってはやり方を変えてみたり、

まったく経験したことのない状況に対して、「カン」を働かせてみたり、

人間は、「理解」し、「考え」、そして「処理」をしているわけです。

感情があるから、理屈だけで動かないのも人間です。

 

今までの社会は、そのヒト(人間)がどれだけの「知識」を持っているのか、

その「正確さとか量」で優劣を判断しました。

教育も、戦後の高度成長期のニーズに応じた、優秀な大量のサラリーマンを輩出するために組み上げられたままの状態です。

 

これからのAI時代にヒトに求められるものは、知識そのものではなく、その知識をつなぎ、組み合わせて、

どんな「成果を出せるのか」。そしてその成果にはどんな「意味」を持たせるのか。

人間として、ちゃんと納得できる未来を創出できる能力を身につけることが非常に重要なんだろうな、と思う今日このごろです。

なぜなら、「知識」の量と「処理」のスピードではもう絶対にAIには敵わないから。

新井先生は、教育がこのままだと、人間が次第に「劣化したAI」のような存在になってしまうと危惧され、

今すぐにでも変えなければいけない、という強い危機感を持たれているんじゃないかと私は密かに思っています。

子どもたちの未来を真剣に考えるなら、やっぱり今、変わらなければいけないと私も思います。

ユーザカンファレンスのワークショップ動画一部公開!

先月ユーザカンファレンス2017にて行った
「NetCommonsとGoogle for Educationの連携」および
「NetCommons 操作研修 管理者編」 
2つのワークショップの動画の一部を公開しました!
http://gsfe.edl.co.jp/

こちらは会員登録がお済みの方に、ログイン後に表示されるバナーより動画をご視聴いただけます。
NetCommons3の管理プラグインについて詳しく解説しておりますので、是非ご覧ください。(^^)
これからも順次公開していく予定です。

なお、誰でも閲覧できる動画としては、NetCommons2と3系の違いを解説した動画7本を公開中!

こちらからご覧くださいませ。

NetCommonsユーザカンファレンス2017、ありがとうございました!


22日のユーザカンファレンスには大変多くの皆さまがお越しくださり、また、本当に毎年思いますが、NetCommonsへの愛が感じられ、良い時間となりました。

新井先生と登紀子さんと情報交換会にて 今年は司会を勤めさせていただきました!
今年は、なんとしてもNetCommons3を本格的に始動させるきっかけとなるよう、企画からワークショップの講師まで本当に寝る間も惜しんで準備しました。準備期間が2ヶ月と短く、告知も1ヶ月前と直前になってしまい、実は毎日がハラハラどきどきの連続でした。


時間がなかったということもありましたが、やっぱり新しいシステムをローンチするのって本当に大変なんですね〜!!身を持って実感いたしましたが、貴重な経験となりました。


また今回、全く内容の異なる3種類のワークショップをそれぞれ本当にあっという間の1時間という短い時間で提供するという、これまた大変な挑戦をすることとなりましたが、多くの方からアンケートで「良かったよ!」「わかりやすかった」とフィードバックを頂くことができました。



新井先生がNetCommonsの沿革についてご講演w 私が屋久島のウェブサイトをNetCommonsで作りました!ww

無事成功して、ゆっくりしたいところですが、まだまだやることがたくさんあり、年内このまま走り通す予定です。
「全国津々浦々、すべての教室で教育の情報化推進」掲げて、頑張りたいと思います。


IT教育に関する地域間、学校間格差が、次第にはっきりと見て取れるようになってきた昨今ですが、NetCommonsとGoogle for Educationという組合せで、この状況を大きく改善できると信じてます。


ユーザカンファレンスに参加された方はぜひアンケートにご回答いただき、
ご意見・ご感想をお寄せいただけますと幸いです!
https://www.netcommons.org/userconference2017/questionnaire
また当日の講演資料の一部は、公式サイトよりダウンロードできますよ。
https://www.netcommons.org/userconference2017

水戸で講演します

来る8月4日(金)に「子育て新時代〜AI時代の子育て〜」と題しまして、水戸で講演します。

定員100名様(先着順)。

まだお席があるそうですので、よろしければぜひお出かけ下さい。(^o^)

筑波研究学園専門学校(TIST)様の学校案内に登場しました♪

2015年7月より経営情報学科の教育課程編成委員として、また学校関係者評価委員としても関わらせていただいている、筑波研究学園専門学校様の2018Campus Guide Bookが届きました!



とても立派な冊子で、ドローンスペシャリストも育成しているという内容にも改めてびっくり。
講演にも伺いましたが、真面目な学生さんが多く、就職率も極めて高い素晴らしい学校です。
今回、「業界の声」という新しいコーナーを設けるので、原稿を書いてくださいと言われ、ご協力したのですが、IHIや茨城トヨタ、筑波メディカルセンターなどそうそうたるメンバーで、完成した冊子を見て、恐縮してます。ITを活用する「業界の人」として、当社も学生さんと一緒にがんばろう!と思います。

2017年度、張り切ってまいります。

今日から新学期!
いろいろ仕掛けていたものがようやく形をなして動き出しそうです。
ワクワクドキドキ、期待でいっぱいです。

「女性の働き方をつくばから本気で変える!」
この夢に賛同してくれた仲間たちと、今年度はさらに一歩大きく前進していきます。

300万人といわれる専業主婦のうち、5人にひとりは、
ITを活用して在宅で仕事をする時代が、いずれ必ず来ると思っています。
それもわりと近い未来に。

顔が見えないところで、どんな風に仕事をすればいいのか?
IT活用って具体的にどんなクラウドツールを使えば仕事になるのか?
そもそも在宅ワークのリスクとメリットとは?

私たちが出したひとつの答えをぜひ多くの女性たちに知って頂き、
新しい働き方にぜひチャレンジしてほしい★

私たちが応援したいのは、かつての自分。
子育ても自分育ても一生懸命やりたい。
でもどうすれば人生をもっと良い方向に変えられるのか方法がわからず、
悶々としている女性たち。
一人ではできなくても同じ価値観を持つ仲間と一緒なら、できることがある。

「私にもできちゃった!」と自信と可能性を取り戻せる
まったく新しい在宅ビジネス「スマートワークビズ®

全力で取り組んでいきます。(^o^)