検索
  • 平塚知真子

2021年、風の時代が始まる

 あけましておめでとうございます、本年も、どうぞよろしくお願いいたします!


 2020年は、年初にGIGAスクール構想の決定、新型コロナウイルスの世界的な流行による緊急事態宣言からの休校、オンライン学習の取り組みまで、本当にいろいろなことが一気に起きた一年でした。


 教育現場にも大きな時代の波が押し寄せ、戸惑いつつも対応せざるを得ない状況だったのではないでしょうか。


 実は、西洋占星術の世界では2021年から「風の時代」が始まると大きな話題になっています。

 星占い?と思うかもしれませんが、これがなんだか言い得て妙なんです。


 なぜ「風の時代」なのか?というと、天体の動きと関係があります。

 2020年12月22日、木星と土星が重なったというニュースがありましたよね。これは20年に一度起きる「グレートコンジャンクション」という天体現象で、今までの200数十年間、ずっと「土の星座(牡牛座、乙女座、山羊座)」で重なっていたそうです。ところが、今回から「風の星座(双子座、天秤座、水瓶座)」で重なり、これが今後150年弱の間続くというのです。

 そのため、西洋占星術の世界では「風の時代」が始まるとされているわけです。


「土」や「風」。

 なんだか漠然としていますが、どんな世界を象徴しているのか考えると興味深いです。

 地(物質)から風(情報)へ、絶対的な権威に従う時代から自分の頭で判断する時代へ。

 少し Google 検索して情報を拾っていただくと、いろいろな気づきがあるかもしれません。


 インターネットなど、情報・コミュニケーション技術は、「風」の世界のもの。

 2020年、そういったテクノロジーを扱うことが不得意な人たちも、世の中の流れに巻き込まれて使わざるをえなくなったのは、風の時代を実感できる出来事の一つだといえそうです。


 これまでの「土の時代」は、「土」というだけに、あらゆるものが根ざしていた時代。「風の時代」は、根ざすというよりも少し浮いて、いくらでも流動的に動ける、そういう時代です。

 学校のテストは、先生方やテスト作成者が求めているものを答えとして出したものが点を取れるという仕組みですが、これは確かに「土の時代」的。これからの「風の時代」は、そもそもの「問題提起」から始まります。つまり「問題を見つけること」から始まり、その答えを自分たちで出していくということ。あとは一歩踏み出せるかどうかだけです。


 まさに時代を言い表していると思いませんか? SNSで話題となったのもわかります。


 時代は「一人一台端末の教室」に向けて、すでに幕を開けました。

 夏くらいまでは現場に混乱と戸惑いが渦を巻くかもしれません。しかし、もう後戻りできないのです。これからは、過去がどうだったから未来はこうなるだろう、という方程式は成り立たない時代です。だから、ぜひ新しいツールと環境に思い切ってチャレンジしていきましょう!


 私たちEDLが、全力で先生方をお手伝いします。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。