検索
  • 竜 大迫

GIGAスクール構想の成功はICT支援員にかかっている


こんにちは。EDL PDトレーナーの大迫 竜です。


先日、日本規格協会(JSA)がICT支援員の業務内容の規格を発行したというニュースがありました。GIGAスクール構想が進展するなかでも、ICT支援員やGIGAスクールサポーターなどの外部人材への期待が高まっています。


私自身も、 Google for Education の研修に講師として訪れ、受講者にICT支援員の方がおられると安心感がまったく違います。


理由として…

・教育委員会が、キチンとICT支援員の方にも声をかけてトレーニングするビジョンを持たれていることがわかる

・研修では先生方の理解が100%に達していなかった場合も、引き続きICT支援員の方が先生たちをサポートしてくれる期待

・そして、なんと講義中に受講されている先生をその場でサポートしてくれる!


先生方から「研修後もICT支援員さんに各校で研修を行なってほしい」という声が上がることも多々あります。


さて、ICT支援員の業務内容が整備されていくことは喜ばしいことですが、それだけで十分かといえばそうではありません。


出典:ICT支援員の配置促進に関する調査研究, 文部科学省, 2021年4月8日

そもそも、ICT 支援員の配置状況は都道府県・市区町村ともに4割に留まっており、ようやく「ICT 環境の整備や人材育成が進捗している」先進自治体から徐々に配置が進みつつある段階です。


そして、ICT支援員の研修も継続的に必要です。 Chrome OS(Chromebook)、iPad、Windowsの各OSごとに業務内容は異なりますし、機能も日進月歩で進化していきます。この革新にキャッチアップしていくことが重要です。


弊社の「 Google 式10Xセンセイ・コミュニティ」には、先生だけではなく、すでにICT支援員の方にも多数ご参加いただいておりますが、イーディーエルでは、これからもICT支援員の方のトレーニングに役立つセミナー・研修を多数実施してまいります。


「 Google 式10Xセンセイ・コミュニティ」の詳細はこちらをご覧ください。

センセイのためのGoogle アプリの使い方体験会 | 10Xセンセイ・コミュニティ


さいごに、教育研究家の妹尾昌俊さんによる「子どもたち一人一台端末時代になくてはならない存在、ICT支援員の協力を引き出すには」(Yahoo!ニュース)という記事もぜひ皆さんにご一読いただきたいと思います。


子どもたち一人一台端末時代になくてはならない存在、ICT支援員の協力を引き出すには <前編>(妹尾昌俊) - 個人 - Yahoo!ニュース 子どもたち一人一台端末時代になくてはならない存在、ICT支援員の協力を引き出すには <後編>(妹尾昌俊) - 個人 - Yahoo!ニュース