検索
  • EDLstaff

『低価格でもサクサク動く!Chromebook を選ぶ7つの視点』- ダイヤモンド・オンライン掲載

★質問  Chromebook を購入予定です。どうやって選べばいいですか?

 パソコンの買い替えで、やっぱり使い慣れたWindowsを選ぶべきか、

 はたまたMacノートにすべきか、Chromebookに挑戦するか、かなり悩んでます!

 Chromebook を選ぶなら、どんなことに注意すればいいでしょうか?

☆回答  低価格でもサクサク動く! 驚異の Chromebook は7つの視点で選ぶ

 今年買い替えるなら、シンプル・スピード(高速)・セキュア(安全)・シェアラブル(共有可能)、4つのSを体験できる Chromebook にしてみませんか?

 Chromebookでチェックすべきは、形状、スペック、インターフェース、重量、モニターサイズ、自動更新ポリシーの7つです。

 私がオススメしたい Chromebook は、2 in 1(ツーインワン)と呼ばれるタブレット形状にもできる「コンバーチブルタイプ」

 モニターとキーボートをつなぐヒンジ(ちょうつがい)部分が360度回転するタイプで、タッチパネルにも対応。

 タッチパネルは便利で、一度使うと、もう前には戻れなくなるほどです。

 続いてデバイスを選ぶときの必須チェックポイントである、スペックを確認しましょう。

「CPU(シーピーユー)」と「メモリ」の数字を2つをチェック。

 CPUで、パソコンの処理速度が速いかどうかわかります。

 インテル製のCPUが主流で「Celeron」か「Corei3」以上であれば、十分快適に動作します。

 メモリは、その容量が大きいほど同時に行える作業の量が増え、重たいアプリや動画を快適に動かせます。文書作成やWebの閲覧がメインの方には4GBでもOK、Webで動画を配信したり、動画を見る機会が多い方には8GBがオススメです。

インターフェースとは、Chromebookと周辺機器をつなぐUSBポートやカードリーダーなどを指します。

 インターフェースの種類が多いと多くの周辺機器と接続できます。

 HDMIポートが搭載されているモデルは、外付けディスプレイを手軽に使用でき、生産性が向上するのでオススメです。

重量とモニターサイズはお好みで。大きければやはり重くなります。

 初めての Chromebook なら、まずは「2台目・モバイル活用」を前提に購入するのもいいですね。

 目安としては、重量が1kg程度のモデルがオススメです。

 重さがほとんど気にならないので、いつでもどこでも持ち出して活用できます。

 1.5kgを超えると、持ち運びがつらくなってきます。

 最後に、知らないと損をする可能性があるのが、Chromebookの自動更新ポリシーです。

 Chromebook のOSは自動アップデートを通じて、最新のセキュリティと機能に自動更新されます。

 そのサポートの有効期限(AUE)は、現在「製品が最初に発売された時点から約8年」とされ、たとえば2021年に発売された Chromebook は2029年にサポート切れになることが決まっています。

 これは購入時期に関係なく、「製品の発売日が基準」となります。

 OS更新期限は必ず確認しておきましょう。「安いから買ったけど、実はOS更新切れまで1年もなかった」というのはよく耳にするお話です。

 各Chromebookの期限は自動更新ポリシーのページで確認できます。

 以上、7つの視点でぜひあなたのChromebookを選んでみてください。

・・・


記事全文は、ダイヤモンド・オンライン Webサイトから!





Google式10Xリモート仕事術

――あなたはまだホントのGoogleを知らない (日本語)

平塚 知真子 (著) 単行本 – 2020/11/25 

Amazon から購入する