検索
  • EDLstaff

『クラウドがわからない!?つまずくポイントその1』- ダイヤモンド・オンライン掲載


★質問  Google 使い始めましたが、立ち塞がるパスワード問題、どうすればいいですか?

知真子さんの本を読んで、一念発起。子どもに設定を手伝ってもらい Google を使い始めました!でも、iPhoneで Google スライドをダウンロードしようとしたらパスワードを求められ、パソコンで使おうとしたらパスワードを求められ、毎回忘れてなかなか先へ進めません(涙)。

 どうしたら先へ進められますか?

☆回答  アカウントとパスワードはセットで、お気に入りの本にメモしておきましょう

 Google に限らず、クラウドサービスを活用しようと思ったら、避けて通ることはできないのが「パスワード問題」。どんなサービスでも、IDとパスワードが必要になります。

 パスワードや登録したメールアドレスを忘れ、ログインできず苦労した経験、ありませんか?

「パスワード問題」とは、すなわち「アカウント問題」です。

 クラウドでつまずく理由は、2つあります。

 1つめは「アカウント」のことを実は今ひとつ理解できていない。

 2つめは「パスワード」をきちんと管理していない。

 普段から慣れている方にとっては、もはや常識中の常識ですし、誰にとってもよく耳にする単語にもかかわらず、1つめの理由で最初からつまずいてしまっている方、実はとても多いです。

 例えば、iPhoneで、Google マップやカレンダーを使い始めようと思ったとします。

 iPhoneで Google のアプリを利用しようと思ったら、まず「App Store」を使ってアプリをインストールする必要がありますよね。

 さあ、ここで必要となるパスワードは、Google で登録したものでしょうか?

 それともApple社に登録しているパスワードでしょうか?

 Google とAppleはまったく別の企業サービスですが、Google アカウントとApple IDを混同している方、案外多いんです。まったく異なる2つのサービスを混同していませんか?

 あるサービスを利用するには、そのサービスを提供する企業に個人情報(名前やメールアドレス、連絡先など)を登録する必要があります。その個人情報を安全に管理するためには、確かに本人だと認証するための「鍵」が必要になります。

 この目に見えない鍵が、アカウントとパスワードなのです。

 アカウントひとつだけではセキュリティが弱すぎるため、パスワードとセットで鍵の役目を果たします。さらに、2段階認証といって別の端末で認証をかける方法もあります。

 続いて多くの人が苦労するのが、2つめのパスワード管理です。

 あなたはどんな風にパスワードを管理していますか?

 私のおすすめは、Google の研修で教わったパスフレーズを使う方法です。

 お気に入りのフレーズ(短い単語)と数字4つを組み合わせたコアパスワードに、使用するサービスを追加して作成するものです。自分なりのルールを決めて使います。「9割の人が知らないクラウドセキュリティを別次元に強化する方法」で具体的に説明していますので、ぜひご参照ください。

 最初は「コアパスワード」だけをお気に入りの本などにメモっておくといいでしょう。

 ポストイットに書いて、普段使うパソコンに貼っておくのは絶対にやめてください。

・・・


記事全文は、ダイヤモンド・オンライン Webサイトから!





Google式10Xリモート仕事術

――あなたはまだホントのGoogleを知らない (日本語)

平塚 知真子 (著) 単行本 – 2020/11/25 

Amazon から購入する