検索
  • EDLstaff

『【9割の人が知らない!デジタル教育現場】1分間対決、どっちが速い?「タイピング苦手な子ども」と「タイピング得意な大人」を競争させた結果は…?!』- ダイヤモンド・オンライン掲載

ダイヤモンド・オンライン 第96回 が更新されました!


『【9割の人が知らない!デジタル教育現場】

1分間対決、どっちが速い?

「タイピング苦手な子ども」と 「タイピング得意な大人」を 競争させた結果は…?!』


●子どもがつまずきやすいタイピング入力

 

小学生、中学生のお子さんがいらっしゃるご家庭の方ならば、2021年4月から、小中学校で1人1台のパソコンやキーボードつきのタブレット端末を使って授業を受けることになったこと、もうすっかりご存じかと思います。

 政府が後押しした、いわゆる「GIGAスクール構想」が全国で一斉に始まりました。

 親として、この機会に子どもたちに、より早くITスキルを身につけてほしい

 こう願われているのではないでしょうか?

 ところが、そういう親の思いと裏腹に、ある問題が存在します。

 それは、子どもたちが入口でつまずいてしまうことです。

 その入口とはなんでしょう?

 実は、「キーボード入力」なのです。

 子どもは学習力が高いのですが、興味がないと、なかなか行動してくれません。

 スマホのフリック入力から親しんだ子どもたちにとって、大人が使いこなしているキーボード入力は複雑に見えます。

 これでは興味を失わせ、せっかく配布されたデバイスが宝の持ち腐れになってしまい、ITスキルが身につかないのです。

 そう、デジタル教育にとって、キーボード入力が子どもたちにとっての最初のハードル。ここが盲点なのです。

 実際、子どもたちはタイピング入力がとっても苦手。

 こんなデータがあります。

 文部科学省では、中学生は「10分間に300文字程度の文章が正確に入力・編集できること」目標としています。

 ところが実際の中学2年生の入力数平均値は、1分間に17.4字、10分間にすると174文字程度であり、目標にまったく届いていません。

 では、どうやって最初のハードルをクリアさせ、子どもたちに興味を持たせるのか?

 その答えは、「音声入力」です。

 タイピングできるに越したことはありません。

 ただ、最初の取っ掛かりとして、タイピングしないでも「音声入力」してみたら、と興味を持たせるのです。

「タイピング苦手な子ども」と「タイピング得意な大人」が1分間真剣勝負で、タイピング競争させるとどちらの方が、速いでしょう?

「タイピングが得意な大人に決まってる!」と思いますよね?

 実は、「音声入力」を使えば、「タイピング苦手な子ども」が「タイピング得意な大人」を圧倒的に打ち負かすことができます(当社テスト)。


●Googleの最新AI技術を無料で使い倒す


 たとえば、Google の無料ワープロアプリ「Google ドキュメント」を開いてみましょう。

 そして、この「Google ドキュメント」に標準搭載された最先端のAI技術による正確な「音声入力」を使えば、「タイピング苦手な子ども」でも、「タイピング得意な大人」を圧勝することができるのです。

・・・


記事全文は、ダイヤモンド・オンライン Webサイトから!





Google 式10Xリモート仕事術

――あなたはまだホントの Google を知らない (日本語)

平塚 知真子 (著) 単行本 – 2020/11/25 

Amazon から購入する