EDLからの新着情報を掲載します。
RSS2.0
平素は格別のご愛顧を賜り、厚くお礼申しあげます。誠に勝手ながら、弊社では以下の期間を夏期休業日とさせていただきます。 夏期休業日:2019年8月10日(土)             ~2018年8月14日(水)    営業開始日:2019年8月15日(木) 9:00より通常通り営業いたします。   運用サポートに関して:お電話/e-mailでのお問い合わせにつきましても上記期間をお休みさせて頂きますので、予めご了承いただきますようお願い申し上げます。なお、e-mail・ホームページからのお問い合わせにつきましては、上記期間も受付けさせていただきますが、8月15日(木)以降の対応とさせていただきます。 ただし、SaaS for NetCommonsのサーバーに関するお問い合わせはお問合せフォームより無休でお受けしております。 ご迷惑をおかけ致しますが、何卒ご了承下さいますようお願い申し上げます。8月15日(木)より通常どおり営業致します。
    7月7日の七夕の日、Google オフィス@Roppongi で 人気 YouTube クリエイターが無料で使える部屋 YouTube Studio にて、 テクノロジーの力を使って教育をより良くしたいGEG リーダーが中心的に集まって、 YouTube x 教育 熱く深いディスカッション! イベントが開催され、今回はGEG Tsukuba のリーダーの遠島先生にご招待していただき、 祐源先生と一緒に 私も参加してきました!   まずはじめに、YouTube は、 誰もが教育を公平に受けることができる環境を提供する 『現代の動画版図書館』なのです、とのことでした。   個人、団体、企業などがクリエイターとして発信しているため、 多方面からの視点を得られて、学びの視点の多様性が可能で、 さまざまな利用スタイルにも適応しています。   今回このイベントでは、学習ツールとしてのYouTubeについて学び、でしたが、 最近では NHK おはよう日本など、メディアでも取り上げられているトピックです。   『インターネット上の良質な資料も勧めたい』ということでYouTube が大学のシラバスの参考図書に追加されていたり、文部科学省も、『未来の学びコンソーシ...
Chromebookに人気が集まった理由を 「低価格」「キーボード付き」「端末管理がしやすい」の3点と、 とてもわかりやすくまとめてくださっている記事を発見しました。 2020年に向け教育ITは“ラストスパート”へ、教員の注目を集めたデバイスは?--「EDIX2019」レポート 「おまけに、Chromebookは堅牢性とバッテリーのもちも優れているので、学校現場でも扱いやすい」ということで、実際、机の高さから落としても壊れないという機種もあります。(全機種がそうというわけではありません…) 生徒機はChromebookでも、先生用の端末はこれまでWindowが選ばれることが多かったのですが、町田市については「全教職員2000人に対して1人1台のChromebookを配備」になっているということで、興味深いですね。 どんどん Google for Education が広がっていますね!
沖縄で7月5日(金)「10Xを実現するチームのための Google 活用体験セミナー & オンライン講座 G-COS 説明会」を初開催しました。 急遽開催決定となったため、告知期間はわずは7日・・・。しかし、当時は15名の方にご参加いただき、満席となりました!   終了後のアンケートではなんと初の100% 感想も、どれも10倍の成果を出すために必要な次の行動に移っていただる決意が感じられ、とても嬉しいです! セミナーを受講したいと思ってます。 会社で進めていきたい。 私自身がどのステージでGoogleを使って課題解決できるかチャレンジしたい。 分かりやすい説明でした 46歳のおじさんにはちょうどいい内容でした。また最後の講座までの進め方も素晴らしい流れと思います。 いろんな活用出来ると感じ実践したいと思います。 必要性を感じました 若い世代は使用してる人が多いと思いますので、使用しない世代の方にどういうふうに伝えるかなどが知りたい。クラウドという言葉をしらない人が多いと思います(特に沖縄の人はうといです) 会社の全員が使用義務を持たせて活用できたらいいと思う! クラウドでみんなが共有して遠隔操作が出来るのは魅力的で...
昨年度から茨城大学人文社会科学部様のアドバイザリーボードを務めています。 そのご縁もあり、今回茨城大学人文社会科学部様で、この夏から、EDLが開発したG-COS(ジーコス:Google Complete Online Seminar)の提供が始まりました。 「どこにもなかった新しい文系教育のかたち」を実践すると公式サイトに掲げられていますが、全国に先駆け、まさに画期的なことです。 本日、お昼休みを使って、学生や先生方に【G-COSの説明会】が開催されました。蓮井先生からご紹介いただいた後、ログイン方法や使い方等を説明させていただきました!授業や打ち合わせの合間を縫って、30分限定での説明会とのことでしたが、思いがけず、たくさんの方が集まって聞いて下さり、とても嬉しかったです。 すでに公式サイトの最下部に設置いただいたリンク「デジタルサポート室」からG-COSの専用サイトにアクセスできます。 今後、1,600人の学生さんたちがG-COSを活用して、Google認定教育者にも挑戦することになります! 6月26日は一粒万倍日。「文系の大学でテクノロジーを活用していく」という今後大いに広がることを期待したい【一粒のタネ】が撒かれました。 G-COSは教育機関向けと...